予防接種についてのお知らせ
2022年08月31日(Wed) 12:00

お子様の予防接種について、標準的な接種時期や回数をご案内します。
(予防接種の種類、対象、標準的な接種回数の順に表示しております)

〈1歳までに接種できるもの〉
・ ロタ(1価ロタリックスは生後6週0日から24週0日まで、5価ロタテックは生後6週0日から32週0日まで)/1価は2回、5価は3回
・ ヒブ(生後2か月から5歳の誕生日前日まで)/初回3回、追加1回
・ 小児肺炎球菌(生後2か月から5歳の誕生日前日まで)/初回3回、追加1回
 ※ヒブと肺炎球菌については、接種の開始年齢により接種回数が変わります。
・ B型肝炎(1歳の誕生日前日まで)/3回
・ 四種混合1期(生後3か月から7歳6か月になる前日まで)1期初回は3回、1期追加1回(1期初回分の3回接種が終了後6月以上あける。一般的な接種間隔は1期初回分3回接種後、12か月から18か月の間隔をあけて接種。)
・ BCG(1歳の誕生日前日まで)/1回

〈1歳から3歳前までに接種できるもの〉
・ 水痘(1歳から3歳の誕生日前日まで)/2回
・ 麻疹風疹1期(1歳から2歳の誕生日前日まで)/1回
・ 四種混合1期追加(1期初回分の3回接種が終了後12か月から18か月の間隔をあける)追加1回
 ※ただし、1歳未満で1期追加1回の接種がすでに終了している場合は再度の接種は必要なし。

〈3歳以上から接種できるもの〉
・ 日本脳炎(1期初回と追加が生後6か月から7歳6か月になる前日まで、2期は9歳以上13歳の誕生日前日まで)/1期初回が2回、1期追加が1回、2期が1回
 ※ほかのワクチンと比べて、ワクチン供給量が安定していません。定期接種の期間内に接種できない場合は、事前に医療機関へご相談ください。
  2期の予診票は、小学4年生になったお子様へ送付しています。
・ 麻疹風疹2期(小学校入学前年の4月から翌3月)/1回
・ 二種混合(11歳~13歳の誕生日前日まで)/1回
・ 子宮頸がん(小学6年生~高校1年生相当の女子)/3回
 ※令和3年11月より、国が積極的勧奨を再開しました。勧奨を控えていた時期に対象者だった方(キャッチアップ対象者)も、公費での接種が可能です。

接種についてご不明な点がある場合は、健康づくり課へご相談ください。
問い合わせ:北本市健康づくり課(048-594-5544)


戻る